(これだけ食べろ!)アトピーに効果的な食事、栄養素を解説!

大人のアトピー性皮膚炎は、
ストレスなどの生活習慣が多くの原因ですが
子供アトピー性皮膚炎は、偏った食事や間食
原因であることが多いんです!
アトピー患者はこれ「だけ」食べろ!
アトピー治療に効果的な栄養素食事を解説していきます

( ‘-^ )b

 
 

アトピーに有効な栄養素
その栄養素を含んだ食事
簡単に解説していきます
大事なのは、「どれだけ食べるか?」
よりも「どれだけ続けられるか?」です

アトピー治療に効果的な栄養素(成分)

 
848c3bb166be3a430424c2b84d4fc2c0
 
 
 
アトピーの改善・治療に効果的な栄養素
・ビタミンB6
・ビタミンC
・EPA、DHA
・・・・の3種類が基本です
( ‘-^ )b

 
 

ビタミンB6は、体内にたんぱく質を供給して、皮膚の代謝を高める働きがある栄養素です。
このため、皮膚の再生や修復が活発になり
アトピー性皮膚炎にも効果があります。もちろん、
通常の湿疹や肌荒れに悩む人にも効果があります。

ビタミンB6を含んでいる食事
マグロの赤身、サンマの開き、カツオ、にしん、牛レバー、バナナなど

ビタミンCは、アレルギーを起こす「ヒスタミン」と呼ばれる物質ができるのを、
防ぐ効果があります。
また、コラーゲンが体内で作られるときに必要な栄養素で、ハリやツヤのある皮膚を作り、
アトピー性皮膚炎を抑える効果があります。

ビタミンCを含んでいる食事
アセロラ、柿、キウイ、いちごなどの果物や、
ピーマン、ブロッコリー、カリフラワーなどの野菜

EPA・DHAの2つの栄養素は、脂質(脂肪酸)の仲間で、
体内ではほとんど合成されません。最近になって、
アトピー性皮膚炎の人がEPAやDHAを適量摂取すると、
アレルギー症状が、改善されることがわかってきました

EPA(エイコサペンタエン酸)は、主にマイワシ、サバ、ブリ、サンマなどに多く含まれ、
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、アンコウの肝、サバ、ブリ、スルメイカなどに多く含まれています

 
 

アトピー性皮膚炎を悪化させる食べ物たち

 
%e8%82%89
 
 
 
アトピー性皮膚炎悪化させやすい食べ物の一覧もご紹介
アナタはこれらを食べ過ぎていませんか?
( ‘-‘* )?

 
 

① 動物性食品
② 牛乳
③ 肉類
④ 一つの食品の過食(バランスは大事!)
⑤ 油、ピーナッツ
⑥ 砂糖(ニキビの原因にもなる)
⑦ 果物
⑧ 香辛料
⑨ 食塩
⑩ ヨーグルト(最近のは砂糖を入れすぎています)

 
 

※以上の食品は、
「多く取りすぎるといけない」というものです
適量を食べてもアトピーは悪化しませんので
ご安心ください
m(_ _)m

 
 

アトピー性皮膚炎の改善に有効な栄養素(食事)達

 
yasai1
 
 
 
それでは次に
「アトピー性皮膚炎の方におすすめの食事」をご紹介
先に紹介したアトピー改善に有効な栄養を含んでいる食品です
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

① 主食(米、麦、あわ、きび、ひえ)
② 玄米、白米、低アレルギー米
③ 副食
④ 主菜と副菜
⑤ 緑黄色野菜
⑥ 小松菜
⑦ ニンジン
⑧ 海藻
⑨ 魚
⑩ 豆腐
⑪ ゴマ

 
 
これらの食品は、アトピーだけでなく
お肌に艶と潤いを与え、健やかに成長させてくれます
腸内環境も改善&頭の働きも良くなるはずです
( ‘-^ )b

 
 

大前提!バランスはとても大事です!

 
w-shoku02-img02
 
 
 
ここまで、アトピーに効果的な食品
(アトピーの方が食べたほうがいい食品)
を、ご紹介してきましたが
同じものばっかりを食べていると、
「確実に」アトピーは悪化してしまいます
(>_<)

 
 
野菜ばっかり食べないで、アトピーを悪化させやすいとされる
肉も程々に食べたほうが、アトピーの治療にも役立ちます
大事なのは「食生活のバランス!」ということだけ
アナタ様にご理解いただければ幸いです
(*´∀`)♪

 
 
 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ