赤ちゃんのアトピーを悪化させる原因は・・!

赤ちゃんのアトピーの場合は環境が原因のものだけでなく
体の中から原因を作っている場合も考えられます
赤ちゃんのアトピーを悪化させる原因の一覧と
簡単にできるアトピー対策をご紹介していきます
アナタのお子様の腸内環境は健康なものでしょうか?
( ‘-‘* )?

 
 

赤ちゃんの大腸には通常
ビフィズス菌が沢山いますが
アトピーの子の場合は
悪玉菌もかなり存在しているんですね
オリゴ糖が腸内環境改善に効果的です

赤ちゃんのアトピーを悪化させる原因たち

 



 
 
 
・化学物質
・ダニ、ほこり、動物の毛などのアレルゲン
・乾燥
・添加物や白砂糖などの食物が原因
・入浴のしすぎ(石鹸でゴシゴシ洗う)

 
 
赤ちゃんのアトピーも、普通の大人のアトピー
悪化させる原因は同じようなものですが
ママが注意しなければならないのはこれくらいでしょうか?
( ‘-^ )b

 
 
犬や猫と一緒に住んでいる人は
動物の毛にも注意が必要です
アレルギー体質を持っている場合は、アトピーがひどくなる原因となります
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
また、入浴のしすぎにも注意が必要です
赤ちゃんのお肌を石鹸で洗いすぎると
お肌のバリア機能が損なわれてしまい、より
アトピーが悪化する危険性があります
(大人の場合でも同じことです)
(`・ω・´)

 
 

アトピーの子の場合は腸内環境を良くしようオリゴ糖が腸内環境改善に効果的です
日本一のオリゴ糖

 
 
 
 

赤ちゃんのアトピー対策は保湿をこまめに

 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 

アトピー性皮膚炎になった家族が1人以上いる、
生後まもない赤ちゃん118人を無作為に半分に分けました。
そして、一方のグループの赤ちゃんには、
一般の薬局などで売られている保湿剤を毎日、全身に塗り、
もう一方のグループでは皮膚の乾燥している部分にのみワセリンを塗りました。

そして8か月後に調べたところ、保湿剤を塗った赤ちゃんのグループでは19人がアトピー性皮膚炎になったのに対し、
ワセリンを塗ったグループは28人で、保湿剤には発症のリスクを32%抑える効果があると証明できたとしています。

 
 

赤ちゃんにはしっかり保湿をしておくことで
大人になるまでのアトピー発症率が30%抑える効果があります
赤ちゃん・幼児の保湿剤に人気が高い
養麗潤の紹介も、ぜひご覧下さい
m(_ _)m

 
 
赤ちゃんにも、家族みんなで使える

保湿クリーム養麗潤(ようれいじゅん)

 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ