汗を流しにくいアトピー症状は塩分をしっかり摂れ!

アトピーの方は、普通の人よりも
汗を流しにくい(汗が出にくい)症状の人が多いです
汗が出ないということは、お肌の回復機能も衰えているため
なんとか、汗を流すためにも塩分をしっかり摂取することをおすすめします
汗をかかないことのデメリットも併せて紹介
m(_ _)m

 
 

汗を流すために必要なもの
それが、体内で重要な
役割を担っている「塩分」です
お味噌汁を飲んだり
塩水を直接飲んだりしてください

アトピーの方は汗をかきにくい

 
0523-sweat
 
 
 
アトピー症状の人は、普通の人よりも
汗を流しにくくなっております
(汗が出にくい)
汗が全く出ないアトピー性皮膚炎の患者さんも多いはず
(>_<)

 
 

そのため、体内の熱を外に発散できず
熱がこもってしまうため、かゆみが悪化!
汗を出すことは体内を冷やすため=かゆみを抑えるために
アトピー治療にも必要で、重要なことなんですね
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

汗をかけないことでお肌がこうなる!

 
81
 
 
 

1.水分を保持できない
→ 乾燥する

2.熱がこもってしまう
→ 痒みを感じやすい皮膚温である37℃となりやすい
  炎症が助長されやすい

→ 掻きむしってしまう

3.抗菌ペプチドが減少する
→ 免疫機能が低下する

 
 

アトピーの方でも塩分をしっかり摂って運動をすれば・・・

 
d83fa32e
 
 
 
アトピーの方は、汗を流したほうが治療に有効に働きます
汗をしっかり流す為には、その前の食事で
塩分をしっかり摂ることが重要です!
(`・ω・´)

 
 

※汗には塩分ミネラルが含まれていますね
塩分がなければ汗は出ない・出にくくなるのです

 
 
日本のメディアは、「塩分の取りすぎ」を心配していますが
塩分を摂らないと、生命活動は維持できません
お肌の回復機能にも大きく影響を及ぼしているので
アトピーの方、アナタも「塩分不足」にならないように
日頃から塩分を取っておくことをおすすめします
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ