乳幼児のアトピーはいつから出る?

日本人のおよそ3割アトピー遺伝子を持っていると言われています
赤ちゃん乳幼児アトピー症状いつから出るのでしょうか?
簡単に解説していきます
(*´∀`)♪

 
 

アトピーの治療には
私のブログでおすすめしている
保湿クリームがお役に立てます
アトピスマイルが赤ちゃんにおすすめ

赤ちゃん・乳幼児のアトピー症状はいつから出る?

 
44715
 
 
 
赤ちゃんの顔・頭にできる湿疹は、生後1・2ヶ月頃から多く見られる症状ですが
赤ちゃんをアトピーと診断するには、まだ早い時期です
なぜなら、赤ちゃんにできる乳児湿疹
アトピー性皮膚炎の症状がよく似ているため
まだ小さすぎる年齢だと、正確にアトピーだと判断(診断)できないのですね
(`・ω・´)

 
 
乳児湿疹は1・2ヶ月で自然に治っていきます
 
 
アトピー性皮膚炎が出る時期(アトピーだと診断される時期)は
生後6ヶ月以上の乳幼児の場合で、同じ場所にある湿疹(アトピー症状)が
良くなったり悪くなったりを繰り返している場合は、アトピーである可能性が高いとされています
(>_<)

 
 

○つまり、まとめると
乳幼児のアトピーは、生後6ヶ月から症状が出ます
それまでに起こるアトピー(のような湿疹)は
乳児湿疹と呼ばれて、1、2ヶ月で治る見込みが高い
・・・・ということになります
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
お子様がアトピーかどうか見極めるには
生後6ヶ月は経たないと、お医者さんも判断できません
赤ちゃんがアトピーにならないように、日頃から
保湿を徹底しておきましょう!
( ‘-^ )b

 



アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 
 
 
※赤ちゃんのアトピー対策に保湿が効果的な理由の記事も参考に
m(_ _)m
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ