ママ要注意!エアコンつけっぱなしだと赤ちゃんがアトピーになっちゃいます!

暑い夏や寒い冬・・・
赤ちゃんはまだ言葉が話せないけど
「寒いor暑いだろうなー、夏はあせもになるし」
な~んて、アナタもエアコンをつけっぱなしにしてませんか?
アトピー対策としては、エアコンは間違った治療法ですよ!
(`・ω・´)

 
 

赤ちゃんのアトピー対策です
エアコンをつけっぱなしにして
放置(はしないだろうけど)を
アナタもしていませんか?
赤ちゃんのお肌が弱くなりますよ!

エアコンをつけっぱなしにしているとお肌が弱くなる

 

 
 
 
大原則として
「乾燥はお肌が弱くなって、アトピーになりやすく」なります
お部屋の空気を乾燥させるものは、言うまでもなく
「エアコン」です

 
 
・・・と、エアコンのアトピーの害を
一言で言えば上のようなものになりますが
他にも、
「汗が出ずに、体温調節機能が失われる」の結果
お肌が弱くなってしまうという害悪もあります
(アトピーの人は汗が出にくいんです)
(>_<)

 
 
昔から、「エアコンをつけっぱなしにしていると身体が弱くなる」
と、お昼のテレビでみのもんたが言っていましたが
お肌にとっても、エアコン(の乾燥や体温調節機能低下)は悪いんですよ
(`・ω・´)

 
 

赤ちゃんのアトピー(乳児アトピー)が疑われるポイント

 

 
 
 
実は、赤ちゃんに赤いぶつぶつができる病気は沢山あります
アナタの赤ちゃんにできちゃったそのブツブツ
本当にアトピーなの?
以下の項目をチェックしてお医者さんに相談してみよう!
( ‘-^ )b

 
 

①.湿疹は、生後1~2ヶ月頃の乳児期早期より頭部、顔面から見られることが多い。
②.湿疹は、顔に限局せず、体、手足に及ぶことが多い。
③.皮膚症状は、ジュクジュクするだけでなく、全身の乾燥肌、苔セン化(皮膚が厚くなりガサガサした状態)、耳切れ、等がよくみられる。
④.卵白などの食物抗原に対する特異的IgE抗体が出現しやすい。
⑤.家族にもアトピー素因がみられることが多い。
⑥.湿疹は消長を繰り返すが、1才半~2才頃に軽快~治癒する事が多い。

 
 

でも、夏は熱中症が心配!!

 
aircon-tukeppanasi1
 
 
 
エアコンが身体(アトピー)に悪いのはわかったけど
夏は熱中症が心配だし
冬は寒すぎて風邪で熱が出ないか心配ですよね
(>_<)

 
 
エアコンの害は、要は
「四六時中エアコンつけっぱなし」
「乾燥すること」が主な原因です

 
 
つまり、対策として
「エアコンをつけっぱなしにせず、適度に換気する」
「加湿器をつける」
「たまには赤ちゃんと散歩する(暑くない時間帯で!)」
などなど、色々対策方法は考えられますね

 
 

アトピーになるには、乾燥だけが原因じゃなく
他にも食生活や生活環境とか、ストレスなど
色々なことが深く絡み合って起こる症状です
ここで紹介したエアコンの害悪も、そのアトピーの原因の一つですが
それほど深く考えないでも大丈夫ですよ
エアコンのつけっぱなしは赤ちゃんに悪い!」程度として捉えておいてください
(*´∀`)♪

 
 

保湿剤を体に塗っていれば赤ちゃんのその後のアトピー発症率が3割減少!

 



 
 
 
最新の医療機関の研究では
乳児期に保湿を徹底している赤ちゃんは
その後、成長してからのアトピー発症率3割減少するそうです
( ‘-^ )b

 
 
赤ちゃんでも使える&アトピー治療にもおすすめの保湿剤
「養麗潤」「アトピスマイル」が通販では有名で
このブログでもご紹介してありますので
興味がある方は是非一度、覗いてみてください
( -`ω-)b

 
 
養麗潤がアトピーを治す!の記事はこちら
 
 
アトピスマイルでお肌をしなやか&健やかに成長させよう!
 
 

※保湿剤としても
市販のワセリンは、サランラップのように
お肌に蓋をしているだけです
アトピー治療には効果がないどころか、アトピーを悪化させるため
注意が必要ですよ!
(`・ω・´)

 
 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ