プールを消毒している塩素はアトピーに有毒

夏には、小学校なんかでもプールの授業がありますね
そのプールですが、消毒するために塩素を使っています
この塩素が、アトピー性皮膚炎有毒なんですが
今回はそこのところを解説していきます
( ‘-^ )b

 
 

若い方や女性の方の場合
アトピー他人に見られるのが
嫌だから、プールの授業を
休んで見学する・・・
とういのも昔は多かったです

プールの消毒に使われている塩素

 
0723_%e5%a1%a9%e7%b4%a0%e3%81%ae%e5%91%b3%ef%bc%88%e9%ab%98%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%ef%bc%89
 
 
 
塩素には殺菌作用があり、日本では
スポーツクラブ学校のプールの殺菌剤として
幅広く(必ず)入っています
プールの独特の匂いの正体が塩素!
(`・ω・´)

 
 
言ってみれば、塩素入りの水のなかで
泳いでいるようなものです
もちろん、害は比較的少ないので
普通の人は安全に泳ぐことができますが
アトピーの方には有毒なんですね
(>_<)

 
 

プールの運動はアトピーにもいいけど、塩素は

 
12352
 
 
 

プールの水には塩素が含まれています。
アトピーの湿疹は、塩素の刺激で、かゆみが強くなったり、
湿疹がひどくなります。そのため、プールから出たら、
プールの水をしっかりと洗い流すことが重要です。

 
 
基本的に、汗を流し、即座に洗い流してくれる
プールで泳ぐ(スイミング)は
アトピー治療にも有効に働いてくれるので
小さな子供の習い事ランキングでも水泳はトップになっています
( ‘-^ )b

 
 

プールが終わったらしっかり水を洗い流そう!

 
shutterstock_129598883-680x437
 
 
 
プールの水には塩素が「必ず」含まれていて
それはアトピー性皮膚炎に有害です
対策としては、「プール終わりのシャワーを必ず浴びる」ことですね
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
学校でも、プールの授業のあとはシャワーを浴びるはずです
あれは、体についてしまった塩素を洗い流すために行っています
塩素の刺激は、お肌に有害ですので、しっかりシャワーで洗い流しましょう!
( -`ω-)b

 
 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ