アトピーの赤ちゃん用の日焼け止めに使える!養麗潤

赤ちゃんはお肌が弱いため、夏などは日焼け止めが必要ですが
アトピー肌の場合は、お肌のバリア機能が一切機能していない状態ですので
清潔と潤いを保ち刺激を与えないようにするためには
市販されている専用の日焼け止めでは強すぎるのです
(>_<)

 
 

赤ちゃん日焼け止め
紫外線対策には、私のところで
詳しく解説させていただいている
養麗潤という保湿クリームが効果的!

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

 
500x0_558bb4f3-7184-4368-8f6d-4eef0a0100b8-jpg
 
 
 
強い紫外線は、大人の肌でも
強い負担(赤くなったり、かぶれたり、痛かったり)しますよね
赤ちゃんのお肌もそれとおんなじで
紫外線対策(日焼け止め対策)はかなり重要なポイントです
(`・ω・´)

 
 

特に、アトピー肌の赤ちゃんの場合は
普通の子よりもお肌が弱い・脆いため
何も塗らないと、アトピーの部分がひどくなったり
赤み・かぶれが悪化してしまいます
赤ちゃんにはできるだけ紫外線を当てないようにすることはもちろん
日焼け止め対策はなんとかしておかなければなりません
( ‘-^ )b

 
 

市販の日焼け止めはアトピーの人は使えない

 
Protecting Child from the sun
 
 
 

紫外線をカットする成分には紫外線錯乱剤と紫外線吸収剤の二種類があります。

・紫外線錯乱剤は肌の表面で紫外線を反射させるものです。
酸化チタンや酸化亜鉛と表示されていることが多いです。

・紫外線吸収剤は紫外線を吸収することで日焼けを防ぎます。
メトキシケイヒ酸と表示されていることが多いです。

 
 
この2つの紫外線対策のうち
一般的によく市販されているのが、「紫外線吸収剤」の方で
効果も優れているのですが、赤ちゃん(特にアトピーの場合)
刺激がとても強すぎるんですね
(>_<)

 
 

ですので、もし赤ちゃんの専用の日焼け止めクリームを選ぶ場合は
必ず「紫外線吸収剤」不使用のものをお選びください
刺激が強いものを赤ちゃんの肌に塗ってしまうと
アトピーが悪化するおそれが高いというのが理由です
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

養麗潤が赤ちゃんの日焼け止め代わりになる

 



 
 
 
私のブログで解説している
養麗潤というオールインワンゲルクリームが
刺激がほとんどなく、アトピーの方に好評です
(*´∀`)♪

 
 

アトピーの方(赤ちゃん・大人問わず)の
日焼け止め・紫外線対策にもなりますので
市販の日焼け止めを使うより、養麗潤をおすすめします
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
3万件の皮膚相談を解決してきた薬剤師が開発した

家族全員で使える保湿クリーム

養麗潤(ようれいじゅん)


 
 
 
 
化粧水も乳液も美容液も不要!!全てが1つになった

オールインワンゲルクリーム養麗潤(ようれいじゅん)


 
 
より詳しい養麗潤の効果や口コミなどについて
養麗潤の格安通販購入についてを参考にしてください
m(_ _)m
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ