アトピーで出てくる膿(黄色・白)の治療方法

アトピーを掻き毟り過ぎると
体の防御本能で、膿(黄色や白色の汁)が出てくることもあります
今回は、それ(膿・汁)の治療方法をご紹介
( -`ω-)b

 
 

正確には、アトピーで出る
汁は膿ではありません
傷口が化膿しないように
出る浸出液といいます

 
 

アトピーを掻き毟ると出てくる汁は膿?

 
atopy
 
 
 
それは、膿ではなく
滲出液といって、傷口が
化膿してしまわないように出てくるもので
体を守ろうとしてくれているのですね
(`・ω・´)

 
 

この滲出液の成分についての情報は
以前紹介した記事
アトピーで出る膿ってなに?浸出液の成分をご紹介!舐めないで!
も、ぜひご覧下さい
(*´∀`)♪

 
 

膿(滲出液)の治療方法

 
yjimage-38
 
 
 
この汁、服で隠れる部分から出ると
服にくっついて、服にシミになってしまいます
(ひっついたのを剥がす時もまた痛いんですよね)
(>_<)

 
 

膿(汁)を治すときは
皮膚科でもらえる軟膏を使う以外にありません
包帯を巻いておけば、見た目はマシになりますが
滲出液は包帯やガーゼにもくっつきますので
はがす時に痛くなります
(それでも、服にシミが付くよりはマシ?)

 
 

膿のような滲出液の処置には、一般的に亜鉛華軟膏を使います。
亜鉛華軟膏とは、酸化亜鉛が含有された白い練り物のような軟膏です。
酸化亜鉛はアトピーで傷ついた肌の炎症を緩和する働きをして治療します。
また、滲出液を吸い取って乾かしてくれる効果もあるため、膿のように湿っている肌を改善してくれます。
刺激は弱く、副作用もほとんどないため長期間にわたって使用できる安全な軟膏です。

 
 

アトピーで滲出液(膿)が出たときは
「病院の軟膏を塗れば、1週間から10日程度で良くなる」
・・・と言われていますが
まったく掻かなければ、私の場合は1日で滲出液が治まりました
病院の軟膏を塗ったあと、ガーゼや包帯を巻いておくことをおすすめします
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

※アトピーで膿(汁)が出たとき
このブログで紹介しているような
アトピーに効果的な保湿剤を塗るのを辞めてください!
保湿剤は傷口の治りを遅くしてしまう効果があるためです
ヽ(´Д`;)ノ

 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ