これなら食べても良いよ!アトピーの人が市販のお菓子を選ぶときに気をつけるべきポイント!

アトピー性皮膚炎の人はチョコレートは絶対に禁止です!
・・・が、それでもやはりお菓子は美味しいですので
子供の頃からそれほど食事に気を使いすぎるのも・・と思います
日本のお菓子は美味しいですし
(*´ч`*)

 
と!いうことで
アトピーの人が、かゆみを悪化させない為
市販のお菓子を選ぶとき
気をつけるべきポイントをレビューしていきます
( -`ω-)b

 

市販のお菓子は、美味しいけど
チョコレートだけは絶対禁止です
皮膚科のお医者さんにも
厳しく言われているはずですよね
糖分の取りすぎはかゆみを悪化させます

アトピーの人が市販のお菓子を選ぶときに気をつけること

 



 
 
 
アトピーの人が市販のお菓子を選ぶときに
気をつけるべきポイント
・脂質の量と質
・糖分 です
(`・ω・´)

 
 
お菓子に使われている油の良し悪し
痒みの増減に直結しています
マーガリンも、海外では規制の対象になっているので
避けたほうが無難ですね

 
 

糖分は、分解される時に
体のミネラルを奪って分解しますので
元々ミネラル不足になっているアトピー性皮膚炎の人
かなりの痛手になります
ぜひ、アナタもこの機会に
チョコレートは一切禁止してください
( -`ω-)b

 
 

※ミネラルを簡単に摂取するためには
キューピーのマルチビタミンサプリが役に立ちます

 

元気セブンの効果と通販販売店の情報はこちら↓
キユーピー【元気セブン】

いつも元気すぎるあの人の秘密はコレ

m(_ _)m
 
 

このお菓子ならアトピーの人でも食べられる!

 

 
 
 

※yahoo知恵袋からの転載ですが
油と糖分が含まれていないお菓子
探せばいくらでもあると思います
ポップコーンは塩気があり、アトピーのかゆみを抑えるためにも
おすすめですよ!
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

★★★和菓子(餅類、団子、羊羹、)
果物類(干し柿、乾燥いちじく、レーズン等)
コーンフレーク、ぽんがし、ポップコーン等
豆菓子(豆も脂質が多いものは量に注意。油を使っているものも避ける)
ヨーグルト類(合う合わないや、脂質の量等にも十分注意)

 
 

※何度も繰り返しますが
「チョコレート」だけは禁止してください!
アトピーの私は思春期(中学生)の頃、
ミルクチョコレートを食べ過ぎてしまい
アトピー+ニキビのダブルコンボの被害に遭いました
(>_<)

 
 



 
 
 
 


(↑アトピーにおすすめの保湿クリームです)
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ